これがわたしの仕事道具01(ながやR)
職種問わず様々な分野で働く人がいる、特にフリーランスや自営業で働く人ってどんな人なの?個人で起業するような人が普段使っている仕事道具には、いったいどんなモノがあるのだろう?」という疑問からこの企画をスタートしました。

サラリーマンの頃、仕事をしながら休日の土日を利用し約2年間かけてDIYリノベーションした昭和初期頃に建てられた長屋。

2階は住戸で1階は事務所、DIY商材の物販や体験できるスペースになっている。5軒長屋の1軒にある「ながやR」は、中に入った瞬間にわかるこだわりの強さが、他のDIYリノベーションとは少し様子が違う

そんな「ながやR」の船長こと小笠原氏の仕事に手放せないこだわりのモノを紹介してもらった。

こだわりの仕事道具をみせてください

  1. アメリカザリガニ
  2. オリジナル転写の電動インパクトドライバー
  3. 塗料缶オープナー付きアイアン攪拌棒 tetsu-bo
  4. 子ども向け工具セット
  5. ジムニー(Jimny)

以上が、ながやR船長(小笠原氏)の手放せない5つのモノだ。

アメリカザリガニ?!と思ったのだけど、「受付嬢的な役割をしてる」と、お茶目な一面もみせてくれた。

スポンサーリンク

「これが無いと仕事できない!」というものは?

「ながやR」船長の持ち物と仕事道具

工具や金物が大好きだという船長がDIYリノベーションした長屋には、こだわりがいっぱい詰まった男の秘密基地だ。

ながやRの2階

部屋中に飾られた工具は、インテリア雑貨のようで新鮮だった。

そんな船長がこだわりの仕事道具の中から「これが無いと仕事できない!」というものは?と聞くと。

ありすぎて選ぶのに時間ちょうだい」という、ミニマリストとは真逆な人だ。

そんな船長にあえて選んでもらったモノは…。

スズキのジムニー(Jimny)

スズキのジムニー

これが無いと仕事にならない!と言ってみせてくれたモノが、新型ジムニーではなく「旧型の古いスズキのジムニー」だった。

各地から店舗の内装などの依頼が舞い込むそうで、足代わりのジムニーがないとダメだそうだ。

このジムニー(Jimny)が置いてある、倉庫兼DIYスペースは現在リノベーション中だそうで、来年にはここで気軽にDIYができるスペースにするんだとか

リスキーのコメント

古くてカッコいいモノを再利用したDIYリノベーション活動しつつ、大阪の生野区に店舗兼事務所を構える「ながやR」船長。

溢れ出しているこだわり満載な長屋は必見です。

あなたの『仕事に手放せないモノ』の応募お待ちしています!

「もっと色々な職種の人の仕事に手放せないモノが見てみたい!」ということで、普段リスキーを読んでくれている皆さんからの投稿も募集しています。

リスキーのブログや YouTube チャンネル(希望あれば)でも掲載をするのでぜひお送りください!

▷詳しくはお問い合わせから「仕事に手放せないモノ」と件名記入いただき、まずは応募ください!

スポンサーリンク
おすすめの記事