【できること】iPad Pro を仕事で 200% 使いこなす!3つの究極活用術を紹介。
iPad Pro があれば、場所を選ばずいつでも快適に仕事ができるのは分かっていたけどここまで快適になるとは思わなかった!

僕は iPad Pro を持ち運びしてサブ機として使っている。 iPad Pro を使って仕事をするようになって感じたことは一言でいうと『最高の仕事ツール』だ。iPad Pro はアプリ、便利なクラウドサービスを駆使すればパソコン並みに仕事で使えます

僕が仕事で iPad Pro を使っているプロセスを大きく3つに分類して「できること」はこんな感じ。

iPad Pro 3つのできること

  1. 画像加工とブログの更新
  2. プログラミング
  3. 手書きメモや入力作業

この記事を読むことで iPad Pro の購入を検討している人に「どんな作業ができるのか?」をイメージしてもらえると思う。

iPad 専用 iPadOS パブリックベータ版が公開されたので以下の記事で早速試してみたのだけど、これから iPad Pro でできることがより深まりそうな感じがしている。

関連記事 ダークモードにマウス操作に iPad OS の気になる新機能を試してみた!【iPad 専用 iPadOS パブリックベータ版公開】

『iPad Pro でできること紹介』仕事で 200% 使いこなす!3つの究極活用術

iPad Pro できること紹介

iPad Pro でできることを大きく3つにわけて仕事で使いこなすための活用術を紹介します。

  • その1. iPad Pro でできるプログラミング
  • その2. iPad Pro でできる web サイトやブログの更新
  • その3. iPad Pro でできる手書きメモや資料作成

関連記事【新型】iPad Pro 2018 11インチのできること考えた結果欲しい【購入理由】

関連記事【レビュー】iPad Pro 2018 11インチモデルを買った理由と使ってみた感想【新型】

関連記事【2018】新型 iPad Pro 11インチ を2ヶ月使ってみてのレビューと5つのコト【総まとめ】

その1. iPad Pro でできるプログラミング

iPad Pro でできるプログラミング

僕は仕事上 iPad Pro で3つの作業ができないと困る。 iPad Pro を検討しているエンジニア・プログラマの方が iPad Pro でできることの1番気になるコトだと思う。

iPad Pro モバイル開発環境

  1. Git でプログラムのソースコードのバージョン管理
  2. ラップトップ並みのコーディング(SFTP・FTP接続もできる)
  3. ターミナルから SSH でサーバーにアクセス

順番にみていこう。

動画でサクッと iPad でプログラミングできるのか?を知りたい人はリスキーの YouTube チャンネルに投稿している動画を観てみてほしい。

Git でプログラムのソースコードのバージョン管理

Working Copy

iOS アプリの Gitクライアント Working Copy を使うことで iPad Pro でモバイル開発環境を導入することができます。

Git での作業は一通りできる

  • クローン
  • コミット
  • プッシュ

Working Copy はダークモードでも利用可能です。

ラップトップ並みのコーディング(SFTP・FTP接続もできる)

iPad Pro でコーディング GoCoEdit

iPad 用テキストエディタ GoCoEdit というアプリで快適にプログラミングが可能。

GoCoEdit はシンタックスハイライトやローカル・リモートでの作業が可能です。

iPad Pro 版の Sublime Text というとイメージしてもらいやすいと思う。 Smart Keyboard Folio と組み合わせて使うことで、ラップトップ並みにコーディングすることができる。

Smart Keyboard Folio の記事もよく読まれています。

関連記事【レビュー】Smart Keyboard Folio は iPad Pro 11 をノートパソコンのようにして使うなら必要【キーボード】

[kanren postid="9265"]

ターミナルから SSH でサーバーにアクセス

Termius

これが iPad Pro で無料で使える SSH クライアントアプリ Termius だ。

  • ホストの追加
  • テーマの変更

主に2つのコトが可能だ。

その2. iPad Pro でできる 画像加工とブログの更新

iPad Pro でできる 画像加工

仕事で画像加工とブログの記事を書く場合は3つのプロセスに分けれると思う。

画像加工とブログ更新の作業全体の流れ

  1. 撮影した写真を iPad Pro へ取り込む
  2. iPad Pro へ取り込んだ画像を加工・修正・リサイズ
  3. web サイトの更新・ブログ記事を書く

順番にみていこう。

撮影した写真を iPad Pro へ取り込む

Air Drop を使って iPad Pro へ画像を転送

iPhone で撮影した写真は Air Drop を使って iPad Pro へ画像を転送するコトができる。一眼レフなどのカメラで撮影した写真を iPad Pro へ取り込む場合は USB タイプCケーブルで直接カメラとつなぐか USB Type-C のカードリーダーを使って画像を iPad Pro へ取り込みます。

iPad Pro へ取り込んだ画像を加工・修正・リサイズ

VSCO

iPad Pro へ取り込んだ画像の色調補正などをする場合は VSCO というアプリで簡単に画像をいい感じの色味にしてくれます

画像サイズ

画像のサイズを変更したい場合は画像サイズというアプリで簡単にできます。

Pixelmator

画像をお手軽に加工したい場合は Pixelmator というアプリがおすすめだ。文字入れやグリッド加工やレイヤーを重ねたりが簡単にできる

将来的(2019年内)には iPad Pro で Adobe の Photoshop が本格的に使えるようになるとのこと。

web サイトの更新やブログ記事を書く

web サイトの更新やブログ記事を書くときは、FTP や SFTP 接続も可能でラップトップ並みのコーディングができる GoCoEdit エディタを使います。

その3. iPad Pro でできる手書きメモや資料作成

Keynote

iPad Pro で資料(スライド)をつくるなら Keynote を使えばアニメーションを加えたスライドを作るコトもできます

Apple Pencilで手書き

進化した Apple Pencil(第2世代)と手書きアプリを使って快適なメモ書きが可能だ。さらには PDF 資料にメモ書きしながら説明することもできる

Apple Pencil(第2世代)の記事もよく読まれています。

関連記事Apple Pencil 2(第2世代)購入後1週間使ってみてのレビュー【良いところ・残念なところ】

[kanren postid="9137"]

【iPad OS搭載】iPad Pro 仕事での使い方3つを動画で紹介

YouTube にアップしている iPad Pro 仕事での使い方3つの動画も参考にどうぞ!

リスキーのおつまみ感覚チャンネルは、毎週水・土・日におつまみ感覚で投稿している。

まとめ

最後に【できること】iPad Pro を仕事で 200% 使いこなす!3つの究極活用術を紹介。の記事をまとめる

  • iPad Pro はパソコン並みに仕事で使える
  • プログラミング・画像加工とブログの更新・手書きメモや資料作成ができる
  • アプリ、便利なクラウドサービスを駆使すれば驚くほど快適
  • iPad Pro があれば、場所を選ばずいつでも快適に仕事ができる

といった感じ。iPad Pro はアプリやクラウドサービスを駆使すればアイデア次第で、パソコン並みに仕事で使えると僕は感じている。

iPad Pro を快適に楽しむ便利なアクセサリーの記事も参考にしてみてほしい。

iPad Pro アクセサリーの記事もよく読まれています。

関連記事 【2019】この iPad Pro アクセサリーは持ってないと損するぞ!あると便利なグッズ紹介

[kanren postid="11276"]

僕が買った iPad Pro と周辺機器

Amazonベーシック パソコン ケース スリーブ 11.6インチ NC1303151
Amazonベーシック(AmazonBasics)
スポンサーリンク
おすすめの記事