LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 II ASPH 単焦点レンズ

GH5S 単焦点の神レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II ASPH が気持ちいいくらいのボケ感だった。

マイクロフォーサーズでボケ味の美しいレンズで、背景ボケを楽しみたい。』それならカメラの練習も兼ねて単焦点レンズが欲しい。

そんな思いから単焦点広角レンズ ライカ DG SUMMILUX 15mm F1.7と比較検討した結果、神レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II ASPH を購入して数週間使ってみた感想をレビューしたいと思う。

GH5S 単焦点 LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II が神レンズ

マイクロフォーサーズ用 ルミックス LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH

これがパナソニック 単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH ブラック H-XA025 だ。

マイクロフォーサーズ用 ルミックス LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPHの外箱

SUMMILUX 25mm F1.4 単焦点レンズの外箱を、上から見るとこんな感じ。

パナソニック 標準単焦点レンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH. ブラック H-XA025を開封したところ

開封するとこんな感じで、中にはレンズ本体、フード、レンズポーチが同梱されていた。

神レンズだった理由は25mm F1.4のボケ感

LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 H-XA025 のボケ感

これが LEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II H-XA025 を使って撮影した写真だ。開封して撮影してみた第一印象は『ボケ感がすごい』だった。

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 IIを正面からみたところ

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 IIを買うか、DG SUMMILUX 15mm F1.7を買うかでかなり迷ったのだけど、ボケ感を楽しみたいと思ったので、LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 IIを選択した。

理由は焦点距離だ。25mm F1.4の方がボケ感が味わえるから

AF機能:動画向けに改良された最新レンズ

LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II

ちなみに SUMMILUX 25mm は2つのモデルがあるが、僕は最新モデルのLEICA DG SUMMILUX 25mm/F1.4 II ASPH ブラック H-XA025 を購入した。旧モデルは DG SUMMILUX 25mm/F1.4 ASPH. ブラック H-X025 だ。

理由は「動画向けに改良されたレンズ」だから。

具体的に違いを言うと、オートフォーカス機能が向上 240fps AF制御で、静止画・動画撮影ともに高速・高精度なAFを実現している。

なので、動画撮影をしたい僕にピッタリだった。しかも室内だけでなく屋外でも撮影をしたかったので、防塵・防滴仕様になった新型が最適解だった。

撮影した動画

これは単焦点レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II で撮影した動画だ。レンズの説明とかではないが動画でのボケ感やAFを参考にしてみてほしい。

スポンサーリンク

GH5S 単焦点の神レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II のまとめ

最後に GH5S 単焦点の神レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II ASPH【ボケ感】の記事をまとめると

  • 単焦点レンズ LEICA DG SUMMILUX 25mm F1.4 II は最新モデル
  • オートフォーカス機能が向上して動画撮影に最適
  • なによりもボケ感がすごい気持ちいい

という感じ。今年からカメラを始めて、どんどんレンズ沼にハマっていきそうな予感がプンプンしている。(笑)

既に広角レンズが欲しくて… 次はライカ DG SUMMILUX 12mm F1.4 ASPH. H-X012 を買いたい。

あわせて読みたい

スポンサーリンク
おすすめの記事